たった3ヶ月足らずで、どうしてそんなに成績が上がるのか? 勉強がおもしろくておもしろくて止まらなくなるから、本当に不思議です! その秘密を、すべて公開します・・・

FrontPage

不可能を可能にする・・・・・

 どんな科目でも基礎はすべて暗記と繰り返し演習です。しかし、この学習法も時間がかかり、面倒なので大半の人が途中であきらめてしまうため、真の学力がなかなか身に付きません。何とかこれをスピーディーにしかも完全に身につける方法がないかと開発したのが『対話型学習』です。プリントソフトで学習するよりも対話型で学習した方がより効果が上がる学習内容のものは、生徒の学習時間を大幅に短縮でき、『先取り学習』をさらに進められます。受験学習の時間をここまで短縮可能にしたものは他にはありません。たとえば、生徒が英語の教科書、レッスン3を完全習熟したとすると『合格証』が画面に表示され、その『合格証』をプリンタで打ち出すこともできます。その生徒が、完全習熟したかどうかを確認する手数が完全になくなりますので、個々の学習管理に絶大な威力を発揮します。

高校生専科

ウサギとカメ

 大学入試、特に超難関大学に合格するかどうかはどこの高校に通っているか、どこの予備校に行ったかで決まるものではありません。ほとんどすべて本人の努力によって勝ち取ることができるものなのです。どんなによい高等学校に行っても自分自身が勉強しなければ、アッという間に勉強についていけなくなります。たとえこれまでの大学進学率が非常に悪い高等学校に行っていても、本人の努力次第でどんな大学にも合格することが可能になります。もしあなたが今すぐ、こちらで勉強する気があるのなら、入学した高等学校がどこであれ、大学入試ですばらしい栄冠を勝ち取ることができます。大学入試にとって最も重要なのは高校1年生の英語と数学です。これらに欠陥があれば難関大学への合格はほとんど絶望的です。

 なぜなら英語も数学も、徹底した積み上げ学習ですから、途中が欠けていたり、あるところでつまづいてしまうと次がまったく進まなくなるからです。特に大学入試の間際になって英語や数学をいくら勉強しても、高校1年生の分野がわからなければほとんど絶望的になります。言い換えれば、高校1年生の英語や数学が完壁であれば、高校2年生の夏休みの頃にはいわゆる難関私立大学、たとえば早稲田・慶応・MARCH・上智・津田塾・関関同立等にはほとんど合格できるラインに到達することすら十分にできるのです。勉強が本番になる高校1年生の今から、大きな希望を抱いて高校生専科に入って勉強して下さい。私たちも全力をあげて、この高校生専科を充実させていきます。

沼津高等学園


【高校卒業資格取得】 全日制からの転入生 大歓迎!

不登校ご相談窓口

「わが子が不登校になったら」……

基礎学習プログラム

 これって、もしかしたらお母さんたちにしてみたら、結構恐いことなのかもしれません。自分達の子供の頃はそんな子はまれで、学校は必ず『行かなければいけない』ところでしたから。でも、今はどんな子供でも不登校になりうる状況が生まれてしまっています。実際に何万人という不登校児がこの国には存在しています。学校が『行かなければならないところ』だという価値観しか持っていない人から見たら、それは大変なことですよね。そしてもしも、自分の子供がそうなってしまったら……まずパニックになってしまうでしょうし、悩みが膨らんでどんどん落ち込んでしまうかもしれません。そして出口が見えなくなってしまいます。 悩みを相談する相手も無く、一人で抱え込んでしまっているお母さんは多いのではないでしょうか?

 実際、たくさんの人と面談していると、そういうお母さんにはよく出会います。夫は子供のことは自分に任せきり、新興住宅地で心から悩みを打ち明けられる友達も居ない、その上住宅ローンもあってパートにも出なければならない…これでは、ストレスが溜まらないはずないですよね。最初は面談で子供さんの勉強のことをお話していても、次第に悩みをぽつりぽつりと話されて、最後は涙になってしまう方も何人かいらっしゃいます。

 どうか一人で悩まないで欲しいのです。人に話を聞いてもらえない、自分が理解してもらえない、というのはとても苦しいことですよね。まず、誰でもいい、とにかく誰かに自分の苦しい気持ちを打ち明けて下さい。それが解決への一歩なのです。子供にとって、家庭にとって、お母さんの存在ってとにかく大きい。そのお母さんの精神状態が健康でなければ、家族そのものが不健康な状態になってしまいます。逆にお母さんがhappyな状態でいられれば、多少問題が起こっても、いつかは笑い話のように話すことが出来るようになります。

 現代では、子供達の住んでいる世界も、家庭自体も、内側に閉じた世界になりがちです。最近起こる事件の数々も、そんな状況にいくらかの原因があるような気がしてなりません。子供達もお母さんたちも、いろんな人に出会って見て下さい。そこから新しい世界が開けるはずです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional